2007年11月18日

TS ビジュアライゼーション

http://get.jimaku.in/player2.swf?vid=WKwVlTFjYXo&zid=FXfphNCZxmm
posted by bsjoy at 22:02| Comment(42) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

満たされています。

満たされています。
posted by bsjoy at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引き寄せの法則

引き寄せ
posted by bsjoy at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引き寄せ

引き寄せの法則
posted by bsjoy at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

jey

posted by bsjoy at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

リードマネジメント

組織として大きな成果を生み出すためには、推進力としての集団力強化機能と、効率的効果的に目標達成するためのリーダーシップが不可欠。
リードマネジメントは、内的動機付け(メンバー自らのやる気を高め、自立性を促す)によって、週弾力強化機能を高め組織の推進エネルギーを生み出す。

また、ファシリテーションとは、狭義に課題達成機能を強化する支援能力を指し、広義には組織全体に対する影響力そのものを意味します。

リードマネジメントは、選択理論心理学をマネジメントに適用したもので、選択理論心理学は世界9大心理学のひとつで米国ウイリアムグラッサー博士によって、提唱されている。
posted by bsjoy at 23:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスチームビルディング

第1段階 形成期
     チーム結成、様子見段階
     メンバーのことを十分に理解できない 
第2段階 混乱期
     意見のぶつかり合い
     私だったらこうする。
     エネルギーは内部競争に向かう
混乱期を迎えることで、初めて組織のシナジーが生まれる。
第3段階 標準期
     チームの基準を作り出す
     各員がどのように「考動」するか気づく
第4段階 達成期
     問題や課題が解決され、成功体験を共有する。

posted by bsjoy at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

ビリーズブートキャンプ

ちまたでビリーズブートキャンプが流行ってます。
今案でのダイエットDVDと大きく違うところは、

1.ユーザーと肩を組んで、ダイエットに向かっている(挑戦)
 している。
 タダ単に、簡単で、BEFORE、AFTERの体重差を示していない。
 面と向かって、セールスしているより、肩に手を回して、一緒に
 問題を解決しよう!がんばろう!
 ビリーの励ましはそのような効果があり、マーケティングには大  切。

 もちろん、ビリーのブランド化、軍隊式etc、売りが売りをよんでいますね。  
posted by bsjoy at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

コムスンの不祥事

このたびのコムスンの不祥事は介護保険制度、介護制度への信頼までもなくしてしまう不祥事でした。
小職も介護事業者の人事労務コンサルは多数行ってきました。

まず、県社会福祉協議会か民間かに分かれます。
県社協の運営している人事制度は、公務員制度をそのまま使っており、
評価制度もあったものではないです。頑張っている人に、それなりに評価、処遇
する制度提案しても、意思決定システムが機能していないのが現状です。
なんたって、年功序列ですから。
この事業も儲かっておらず、働いているしとのモチベーションはいずこに。
ですから、働いている人は本当に福祉に熱心だと勝手に思っています。

儲かっている業者は民間です。
利用者の集客、ヘルパーの質、モチベーションは民間のほうが断然よかったのですが、病院が経営しているところがよかったです。
ただ、介護報酬の点数稼ぎが簡単にできるチェック体制は、当局も考え物。
チェック体制をちゃんとちてほしいものです。
@施設、A訪問、Bグループホームとわかれていて、
Aの訪問はヘルパーの定着率は最悪、マイカーを使っての仕事ですが、マイカー管理規定も明確なものがなく、誤飲、誤落(利用者を誤って落とす)部屋のものを壊すなど、事故が多かったです。
リスク管理も甘かったと思います。

このような、全般的な行政の指導はあまり行われていなかったと一羽ざる終えないです。

ヘルパーのバースデイサイエンスタイプ、組織戦略、クレーム、利用者のタイプその他BSタイプを活用し、組織活性化を行ってほしいものです。

介護事業者の理事長はお金儲けより、社会福祉に非常に熱心な理事長が多かったです。

posted by bsjoy at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。