2007年05月11日

セールスレター 

セールスレターの文章力は前回に書きました。

セールスレターは何ページ(60、70ページとか)になってもいいと言われるが、最近、どのセールスレターを見ても、どの情報商材のレターを見ても同じで飽き飽きしているところありませんか?

成長カーブというものがあって、同じ戦略(文章、ストーリー)
が通用するタイミングとそうでなくなるタイミングがあります。

また、そもそも人間は大きく分けて3タイプあり、直感タイプ、結果タイプは長くなりすぎるセールスレターを最後まで読めないのです。

ターゲットのタイプを絞り込むのか、レスポンス(反応)を上げるためには、それぞれに響く言葉(言霊)を気持ちを入れて書いていくのが重要でしょうか。

人間の行動心理や統計心理学の重要さをあらためて認識しました。
posted by bsjoy at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。