2007年09月17日

リードマネジメント

組織として大きな成果を生み出すためには、推進力としての集団力強化機能と、効率的効果的に目標達成するためのリーダーシップが不可欠。
リードマネジメントは、内的動機付け(メンバー自らのやる気を高め、自立性を促す)によって、週弾力強化機能を高め組織の推進エネルギーを生み出す。

また、ファシリテーションとは、狭義に課題達成機能を強化する支援能力を指し、広義には組織全体に対する影響力そのものを意味します。

リードマネジメントは、選択理論心理学をマネジメントに適用したもので、選択理論心理学は世界9大心理学のひとつで米国ウイリアムグラッサー博士によって、提唱されている。
posted by bsjoy at 23:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心理学は奥が深いですね。
Posted by JOY at 2007年10月01日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 感情感情(かんじょう)とは、ヒト・動物、物事などに感じて抱く気持ちのこと。喜び、悲しみ、怒り、諦め、驚き、嫌悪、恐怖などがある(感情の一覧)。精神医学・心理学では感情(英: emotion)と気分(m..
Weblog: 心理学ってすごい?
Tracked: 2007-10-01 04:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。