2007年04月20日

人相見マーケティング

人相見マーケティング。

成功者はパートナーを選ぶ、つまり運のいい、ついていてしかも相乗効果を得られる人を見分けるのに長けた人が多い。

営業マンも同じ。

人相を見て言いパートナーかどうかを見分けられる。

もちろん人柄、直感、結果の3タイプの表情と、いい人相(オーラ)の持ち主かどうか?

人柄のあったかい雰囲気、

結果のきりっとした雰囲気

直感のビッグな雰囲気

以上、両方を見ながら相手の空気を読めるセンスを磨く。

これ重要。
posted by bsjoy at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「すごい」「たのしい」

「すごい」「楽しい」
と言っているだけで、懇親会で友達が増える。

「すごい」は直感タイプの口癖。

「楽しい」は・・・?。

「すごい」「楽しい」を連発してみてください。

結果タイプには、なにかくすぐったいような気になります。

がしかし、言い続けると、ある一定のところから

シンクロしていきます。

これをある人から教わりました。
posted by bsjoy at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潜在意識

潜在意識には主語は省かれ、動詞のみが働きかけられる。
「お前はだめだなぁ」

部下についつい言ってしまう言葉。

実は、言った本人(上司)の潜在意識には
「だめだなぁ」

だけが届いてしまう。

つまり「自分=だめ」

になってしまう。

そうならないように、いい言葉を発するように心がける。

特にケアタイプ。

用意周到、準備万端の能力(けして後ろ向きではないですよ。
ここが、ホープからすると後ろ向きに見えてしまうが・・・。)

でも、いい言葉を発する、いいイメージをするように心がける。

ケアからすると、よりトレーニングしなくてはならないでしょうか。


posted by bsjoy at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホープマーケティングとケアマーケティング

統計心理学では、マネジメント2タイプとして、ホープとケアに分かれます。

要するに決断のために必要な優先事項を表す因子があります。
この考え方は扱い方を学習しないと、お互いの意見が平行線をたどり、大きな時間のロスをする。

ホープ 012,108(人柄)
    001,919(結果)
    000,888(直感)
ケア  789,025(人柄)
    555,125(結果)
    100,024(直感)

ホープさんがケアさんに悩みを相談。
ホープさんは可能性を重視、楽天的、過去云々よりも未来を見たい。
ケアさんは石橋をたたいて渡る、過去の検証に重きをおく。
最悪の事態を想定する。

ホープさんがケアさんに相談するだけで、
後ろ向きな発言に聞こえてします。

希望的観測のことを言ってほしいのに。

営業の場面でもそう。

相手がホープタイプorケアタイプであるか、

PASONAの法則、12タイプの響く言葉、ホープケアの使い分け、後は熱意とハート。売り込みなしの態度。
お願い営業は愚の骨頂。
相手(お客)を大切にしたい気持ちは基本ですが。
posted by bsjoy at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔まーけてぃんぐ

人生で成功する人も営業成功する人も共通なことがあります。

笑顔です。

この人、いい笑顔だなと感じるような人は、成功している
そうです。

笑顔のぎこちない人(結果重視)の人はどうすればいい?

相手に受け入れてもらおうという気持ちがぎこちなくしています。

わたしは、

どんなことがあっても、わたしはあなたを受け入れます。
だから安心してなんでも言いつけてください。

そんな気持ちが笑顔にしてくれます。

結果タイプの部下には伝えたいです。
posted by bsjoy at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

ブログマーケティング

ブログにおいて、アフィリで簡単に稼げるセミナーとか、情報商材(小冊子、e−book)など多いですが、簡単に稼げるわけがないですよね。
あまりにも薄っぺらいノウハウになっていて飽きてしまいます。

結果重視タイプのいいところではありますが(加工する能力、まねする能力、スピーディーなところ)

神田昌典先生は人柄重視(025)ですが、アウトサイド919の結果。(神田さんを崇拝しております)
最近のコンサルタントの方は、みんな神田さんがベースになっていますよね。
この方の仕事っプリや外面の919に共感して、実践会に入った方や、活躍するようになったコンサルタントの方は結果重視が多いです。

いまや同じ手法になって、飽き飽きしてきてますね。
深さがないというか。

話はもっどって、メルマガやブログの書き方や中身の文章の書き方(不快書き方でなく、深い書き方)をレクチャーする方がいないですね。

また、今ある常識は明日の非常識。マーケットの常識は常に変化。
自分で考えるのではなく、マーケットに聞きましょう。

つまり聞き方が重要。

いろいろなノウハウがありますが、突き詰めると同じことを、手段・手法が違うだけ。
1つのことを極めることが重要。
posted by bsjoy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

営業マンの配置

先天的な性格・気質のポジションがあります。
1.最前線の現場型
2.長期フォロー型
3.アイディア参謀型
4.全体バランス型
の4ポジション。

それぞれのストレスなく、能力を発揮でき、長続きできるタイプが誕生日によりわかります。
もちろん先天的な能力です。

成功者は後天的な能力よりも、先天的な自分の能力を知り、いつ、どこでその能力を発揮できるかどうかをわかってます。

リーダーの仕事は、以上のポジション4タイプを適切に配置してあげることだと思います。
posted by bsjoy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーケティングとは市場とのコミュニケーション

コミュニケーション力。

コミュニケーションスタイルには2タイプの大きな特徴がある。
これの違いによるトラブルは多く存在する。

ピンポイント型
結論から先に聞きたい。伝えたい。
言いたいことはストレートに聞きたい。ストレートに言った方がいいと思っている。
言葉を察することは誤解をしやすいので、事実をはっきり聞きたい。
本音と建前の話は明確に分かれる。
親近感を抱いている人には、何でも本音で言いたいし、本年で行ってほしい。本音は事実を客観的なものetc

状況対応型
結論から先に聞きたいが、話すときは起承転結で伝えたい。
言いにくいことはオブラートに包んで伝えてします。
相手の話を、言葉通りに理解せず、拡大解釈してしまう。
本音と建前の話が明確に分けれなく、しいていえばすべて本音。
相手から本音でズバズバ言われると心に刺さってしまい、本音を言うということは、現在の感情。

ここまでの頭の構造が違うので、よくトラブルになります。

市場には人なくしては成り立ちえません。
人とのコミュニケーションは本当に重要です。
posted by bsjoy at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

個人の場合

個人客への営業。(保険バージョン)

作業工程別にすべきことがある。
■新規顧客データを取り付ける工程
 セミナー、DM、紹介、組織網掛けマーケティング。
 入手した顧客データーごとに、統計心理学の誕生日理論で、レ ターを3タイプ用意。
 今すぐ客かこれから客かによって、フォローも違う。 
 ご主人か奥様の決裁権者は、統計心理学の理論で予想できる。
 
■商品を購入するのがまちがいなく、どこで入るかが迷っている
 段階であれば、各社の比較。
 ここで重要な点は、ほしいものはお客じたいがわかってないこ と。以前書いた記事を参照。

■興味あるが、購入時期がもう少し先の場合。
 フォローレターで定期的にフォロー。
 統計心理学理論でのタイプ別レターを作成。

■既存客になってもらったあとの工程。
 アップセールス、クレーム処理、フォローはタイプ別に。

資産運用、生保・損保、住宅ローンは1セット。
自論ですが、子供保険、高額死亡保障、がん保険は必要ないと思ってます。
住宅ローン時に入る団体信用生命により高額死亡保障ともバランス、所得と医療の保険、雇用保険と健康保険、資産運用(株、為替、投資信託、FX、225先物)フラット35の活用etc。
火災保険、自動車保険、会社の団体保険などのバランスをトータルに見ないと、無駄が多いですね。

posted by bsjoy at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ソリューション・クロス営業

ソリューション・クロス営業。
個人も法人も同じ。

ソリューション営業は相手の悩み・問題を一緒になって解決する。

クロス営業は、自分からの売り込みより、組んでいるビジネスパートナーのクライアントを増やしてあげて、こちらのクライアントの紹介を取り付ける。

で、両方をもってマーケティングする営業手法をソリューション・クロス営業。(独自にネーミングしました)

しかも営業ではなく、コンサルタントとして動く。

先生という立場で、売り込みなく、セミナーなどで講師という立場で、しかも、最初から先生という立場で。

たとえば保険という生保・損保の商品の例。
企業コンサルティング(財務、人事労務etc)の旬な話題のセミナーを専門家と共同開催。(下請け協力会、組合、商工会議所主催)売掛債権を補填する保険や企業のリスクをトータルでリスクマネジメントする保険が目的にするとする。

ここでのポイントは外部専門家と組んで開催した場合は、外部の専門家からの強いプッシュがなければ、保険はクロージングできない。
保険を目的にしてもらえる専門家ではないと成立しにくい。

セミナー開催後、アンケートを回収。(次回の無料相談会への誘導。誕生日理論を活用するため、生年月日データを入手)

無料相談会にはもうすでに、相手サイドからすると講師のパーソナリティーは伝わっており、心のバリアは少し低くなっている。

コンサルティングの中身は会社の企業戦略と生保損保のリスクマネジメントの整合性がとれているのかまでも見る。

あくまでも顧客サイドに立った、誠心誠意で。



posted by bsjoy at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。